Snow Leopardでswapを無効化するには


Posted on November 5th, by notohiro in IT. 2 comments

Mac OS XはSnow Leopardになってからメモリマネージメントが大分賢くなったけれど、依然としてswapの発生頻度はかなり高い。場合によってはInactiveが数GBあるのにもかかわらずswapを使い始めたりするので、4GB以上搭載していることが当たり前の今は、思い切ってoffにしてしまうのが良い。
今まではswapを無効化するために専門的な知識が必要な部分が多かったのだけど、最近簡単な方法を見つけたので紹介する。下記コマンドをTerminalで実行し、再起動する。

sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.dynamic_pager.plist

ただし、このままではswapファイルがそのまま残ってしまうので、以下のコマンドを実行する。

sudo rm /private/var/vm/swapfile*

実行後、もう一度再起動し、以下のコマンドを用いてswapが無効化されていることを確認する。

sysctl vm.swapusage

実行結果として、以下のように表示されればswapが無効化されている。

vm.swapusage: total = 0.00M used = 0.00M free = 0.00M

逆に、有効化する為のコマンドは以下。

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.dynamic_pager.plist

今まで使ってきたMacでは、swapを無効化したことによる弊害はなかったのだけど、MacBook Air(late 2010)でswapを無効にすると高確率でsleep復帰後にiChatの表示が乱れるのと、Exposeを起動した瞬間にユーザープロセスがすべて落ちる()。バグっぽいなぁ・・・





2 thoughts on “Snow Leopardでswapを無効化するには

  1. Pingback: MacBook Air(late 2010)のswapについて « notohirog

  2. Pingback: 大容量メモリと小容量SSD時代における2つのMacBookの初期設定 | notohirog

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>